生きていく上で必要なもの

私は高校を卒業してから何も疑問に思うことなく就職しました。

 

正社員で働いている私は毎月決まった給料をもらい夏と冬にはボーナスをもらっています。

 

 

もちろん働くことの意味を考えたこともあまりなくお金は生きていく上で必要なものだと思っています。

 

しかし、完全に自給自足が出来る生活ならお金の持つ意味が無くなってしまうのではないだろうかと最近になって考えるようになりました。

 

会社で働いてお金をもらい、その得たお金で服を買ったり食料を買ったり。

 

電気・ガス・水道の料金も支払うことが出来る。

 

お金は今の生活には必要不可欠な存在です。

 

仮に自分で畑を耕して野菜を作って自分で食べきれないものに関してはそれを服などの別のものと交換してもらう。

 

そんな生き方もあるのではないだろうかと思います。

 

実際にはそんなに上手くいくとは思いませんが「お金」とはいったいどれだけ重要なものなのかと最近ずっと考えています。

 

今の世の中、お金がないと何も出来ないのも事実で何処へ行くにもお金が必要。

 

ちょっと喉が渇いて水分を摂るにもお金で買うことが必要になっている。

 

私はそんなお金に対して少しだけ、少しだけ疑問を持つようになっています。

 

お金に無頓着な私は貯金が全くと言っていいほどありませんが周りの人に聞いてみるとそれなりにみんな貯金をしているとのこと。

 

私はお金のシステムが合理的ではあるけれど、必ずしも正しいとは思えなくなっています。

 

それでも必要最低限のお金は必要なので働きます。

節約してマイホームが欲しい

私は毎日、お金を節約しているのですが、これが結構地道で、大変ですよね。限られたお金は殆ど、生活費で消えてしまいます。食費、光熱費、家賃、携帯代、インターネット代、保険、ガソリン代、医療費など、あっという間にこちらで消費され、貯金できるお金などなかなか作れません。

 

私は、家を建てることが夢なので、目標500万円以上は貯めたいのですが、そのためにやっている節約術をお教えしたいと思います。

 

まず、食費に関しては、とにかく自炊です。

 

外食などをしてしまうと、どうしても1回の外食につき3000円は使ってしまうので、できるだけ抑えたいところ。お昼代も浮かせるために、お弁当を持参します。
食材も、無駄に買ってしまわないように、買い物かごの中半分までしか商品を入れないようにと目安を決めて、お菓子など必要のない買い物をしないように気をつけます。お菓子、ジュースやインスタント食品は、できるだけ買わないようにします。
タイムセールは大体、夕飯時を過ぎた夜を狙うと安く買えたりします。お肉が割引になると、賞味期限が迫っているので、安いお肉は一気に買って冷凍保存します。できれば、鶏肉、豚肉、牛肉、ひき肉と種類別に購入しておくと便利です。

 

そして、次に大幅に節約ができるのは、光熱費です。ガスと電気をうまく使い分けることで、節約になります。

 

また、引越しするときは必ず単身パックを利用します。普通に引越しするよりかなり安くできます。

 

例えば、野菜などを茹でる時は、通常、お鍋に水をはり、ガスを使いますが、これでは、水道代とガス代がかかってしまいます。このような場合は、切った野菜に濡れたキッチンペーパーを巻きつけて、ラップをしてレンジでチンします。地道な作業ですが、やればやるだけ年間で数千円から数万円も節約し、貯金することができます。